寒卵はいかがですか? - お知らせ・新着情報

寒卵はいかがですか?

寒卵とは…

一年を二十四に分けて、季節を表したのが、二十四節季。

その内、 「寒の入り(小寒)から節分まで」の寒中に産まれた卵が、『寒たまご』と呼ばれます。

木農場では気候に応じて大寒前後の1月~2月頃の卵

 

 古来よりこの時期のたまごは滋養に富んでいるとされ、食べると一年間健康にすごせる」と云われ珍重されてきました。 

また「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあり、風水の世界では「寒たまごを食べると金運が上昇する」とも云われています。

さらに、大寒(本年1月20日)にうまれた「大寒たまご」は特に縁起が良いとされているそうです。

 

※大寒当日に採卵された卵の販売は午後からになります。

 ご予約はお早めにお願いします。(※ばら売り商品予約不可)

Scroll Up